ティーチーノ公式ブログ

コーヒーを飲むと胃が痛くなる方必見/ティーチーノ・ハーバルコーヒー

 

こんにちは(*^^*)

管理栄養士の三島真希です。

 

「コーヒーを飲むと胃が痛くなる」という言葉を、最近私のまわりでも良く聞くようになりました。

 

 

なんでコーヒーは胃が痛くなるの?

そう聞かれると、「カフェインの刺激が強いからだよ」と答えることがしばしばありました。

 

しかし、その原因はカフェインだけではなく、

コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」という成分も原因の一つだという説もあるようです。

 

 

昔から珈琲の抽出液に含まれる、胃酸の分泌を促進する成分はずっと「カフェイン」だと考えられてきました。

 

しかし最近の研究で、

カフェインレス、デカフェコーヒー※を飲んでも

胃酸の分泌量は増えるという結果が出たのです!

 ※カフェインレス、デカフェコーヒーとは・・・
 コーヒー豆から様々な化学処理でカフェインを減らしているものです。

 

そのため、今ではコーヒーに含まれる「クロロゲン酸」が胃酸の分泌を促進し、胃が荒れる原因と言われています。

 

このクロロゲン酸が、胃酸の分泌を促進し、その胃酸が胃の粘膜を刺激するので、

胃腸の弱っている方や敏感な方は、「コーヒーを飲むと、胃が痛い!」

ということになります。

 

胃痛や胃の不快を感じる方はコーヒーも、デカフェコーヒーもなるべく控えていきたいですね。

 

 

★ハーバルコーヒー・ティーチーノは、コーヒー豆不使用です。

 

ティーチーノは、穀物、ハーブ、ナッツ、ドライフルーツを低温焙煎することで、コーヒーの様な風味に仕上げてあります。

低温焙煎の為、ミネラルや水溶性食物繊維も豊富に含まれます。

 

コーヒーを飲みたい、でも飲めない、という方に。

是非一度お試しくださいね(^^♪

 

カフェインレスとの違いが気になる方は、こちらの記事もご参考下さい(*^^*)

コーヒーではありません!/デカフェコーヒー、カフェインレスコーヒーとの違い

 


 

ティーチーノジャパン公式

Facebookは → コチラ

Instagramは → コチラ

 

 

Teeccino Café Menu をクックパットで掲載中!